調理・製菓コース

「食」を学びながら、大学進学も目指す

どんな資格を取得できるの?
将来に活かせる様々な資格を取ることができます!
  • 日本漢字能力検定
  • 実用英語技能検定
  • 料理検定
  • パソコン検定

3年間のコースの流れ

調理・製菓コースのポイント

調理と製菓のW(ダブル)実習
食べること、作ることに興味があっても、自分が調理と製菓のどちらに向いているのかわかりません。でも、調理と製菓の両方の基礎から学ぶことができるから、「何が自分に合っているのか」、「何がしたいのか」、卒業後の進路についてゆっくり考えながら、充実した高校生活を送ることができます。
東大阪大学短期大学部へ直結
在学中から、東大阪大学短期大学部実践食物学科の講義を先取り受講することができます。早くから栄養などの専門的なことを学べるうえ、大学と高校で相互に単位認定が行われているため、東大阪大学短期大学部進学後には、取得した単位がそのまま大学の単位として認定されるのが、大きな魅力です。
充実した実習環境
1年生では3時間、2・3年生では4時間連続して「調理・製菓実習」を行います。実習では外部講師を招き、肉じゃがのような基礎基本から始まり、ブッシュ・ド・ノエルや天ぷらまで本格的な調理技術を身につけることができます。中でも、辻調理師専門学校の講師から直接指導を受けられる「特別授業」はとても人気があります。
STUDENT'S VOICE
調理実習の授業がたっぷり
もともと調理が好きだったので、調理・製菓コースのある敬愛に入りました。調理の基礎から教えてもらえるので、とてもためになります。何といっても調理実習の授業がたくさんあるのが楽しみで、頑張って勉強しています。調理が好きな人、お菓子作りが好きな人は、ぜひ敬愛に来てください。共に学びましょう。

調理・製菓コース
2年 
飯吉 将人さん 
(大阪市立住吉中学校出身)